×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ショートショートはいかがですか?

忙しいあなた。1分で読めるショートストーリーはいかがですか?

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
ショートショートはいかがですか? (マガジンID:0000150659)

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。



メールマガジンサンプル
◆□◆ short-short ◆□◆━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ショートショートはいかがですか?

〜日々の生活にスパイスを!
        C王子が1分で読めるユーモアを届けます。〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ Vol.1 ◆━━

『真実の愛』

深く愛し合った後、僕らはベッドの上でしばらく横になっていた。
僕の腕でスヤスヤと彼女のA子が眠っている。
僕は彼女の寝顔を優しく見つめたあと、そっと口付けをした。

彼女がゆっくりと目を開けた。

「ごめん、起こしちゃったね」

彼女が小さく首を横に振る。
なんて綺麗なんだ。

「なあ、A子」

彼女は黙って僕の話を聞く。

「愛ってなんてすばらしいんだろう。
 最近、生きるってことは本当すばらしいことだとつくづく思うんだ。
 だって考えてごらんよ。
 僕達が何10億分の1の確立で同じ人間として生を受け、そして
 何10億分の1の確立でこうやって出会い、愛し合う。
 これって運命以外の何物でもないと僕は思うんだ」

彼女は僕の目を真剣な眼差しで見つめる。
僕は続ける。

「確かに、この世に生を受けたものすべてに愛というものは存在する
 のかもしれない。
 もちろん人間を含め生物は子孫を残すために愛し合うのだろう。
 でも、動物達は愛を愛と自覚することができるのだろうか。
 僕はできないと思う。
 僕の言っている意味がわかるかい?
 僕がここで言う愛とは、エロスのことではないのだよ。
 そう、アガペーのことさ。
 つまり、性的な愛とは別の非打算的な愛のことさ」

彼女は黙って頷く。きっと彼女は僕を愛している。

「僕はきっと、君なしでは生きていけないだろう。
 もちろん、君もそうだと思う。
 愛・・・愛・・・愛・・・。
 真実の愛とはなんだろう。
 僕らは常に愛を求め、愛に満たされ生きている。
 
 なあ、いいだろう。もう1回だけ」

彼女は壁の時計を見ると、そっと起き上がり、下着をつけ始めた。


「だめよ。お客さん。時間は守らなきゃ。
 でもまぁ、追加料金を払ってくれるのなら話は別だけどね」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ここにはあとがきが入ります。

ホームページはこちら